病院情報

ホーム>病院情報>主な医療機器>バイプレーン心血管撮影治療装置 デュアルプレーン心血管撮影治療装置

主な医療機器印刷する

バイプレーン心血管撮影治療装置/デュアルプレーン心血管撮影治療装置

装置概要

東芝製 INFX-8000V/JB
東芝製 INFX-8000V/JB

東芝製 INFX-8000V/JR
東芝製 INFX-8000V/JR


循環器領域の血管内治療(PCI)を行うための、最新の血管撮影装置を2式装備しています。これらの装置は新しいX線検出器である「フラットパネルディテクタ」と最新の画像処理技術により、従来よりも高精細な画像をより低被曝で得ることができます。
本装置では同時に2方向からの透視・撮影を行うことが可能であり、検査時間の短縮化、造影剤量の低減が図れます。また、全身広範囲をカバーすることが可能なマルチアクセスタイプのCアームシステムを採用しており、心血管治療だけではなく、下肢血管・腎動脈など、患者さんの全身血行状態の改善が行えます。
さらに本血管撮影室では、過去の血管造影画像、CT画像、超音波画像など、様々な診断装置からの画像を治療中にリアルタイムに参照できる画像ネットワークを構築することで、より高度な治療手技をより安全に行える環境を整備しています。

ページの先頭へ戻る