平成27年度 社会福祉法人 三井記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
1.年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年代 0~9 10~19 20~29 30~39 40~49 50~59 60~69 70~79 80~89 90~
件数 112 74 223 591 1011 1359 3348 4638 2741 346
 当院は、「1.心血管病の先進治療」「2. がんの標準治療・低侵襲治療」「3.高齢者の生活の質の改善を図る治療」 を3つの柱に掲げ、地域医療の中核として医療の提供を積極的に行っています。
 先にあげた3つの柱を中心に生活習慣病や複数の合併疾患を持つ患者さんを数多く治療しており、また地域性も踏まえて小児の入院を制限していることもあり、70歳以上が過半数を占める年齢構成になっています。そのような条件のもとで診療科間の連携・地域の医療機関との連携をはかり、当院における診療後もよりよい生活を継続できるよう取り組んでいます。

▲トップへ戻る

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

▲トップへ戻る

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎に対する抗生剤治療 127 14.8 14.3 5.5% 76.7
010060x099000x 脳梗塞に対する保存的治療 53 13.6 15.8 7.5% 74.8
100070xxxxxxxx 2型糖尿病に対する教育入院 46 14.8 15.3 4.3% 63.9
 肺炎に関しては呼吸器専門医、感染症専門医と協働して、市中肺炎、および終末期の誤嚥性肺炎などの診療を行っています。
 脳梗塞は比較的軽症な患者さんを多く診ており、主にご自宅に退院されます。 
 2型糖尿病に対する教育入院では、高血糖によるインスリン抵抗性増大(糖毒性:インスリンの作用が低下している)に対し、入院しインスリン治療を行う事により、血糖値を改善させ、糖毒性を解除します。治療は10-14日くらいの入院を要します。また、血糖値の高い患者さんが外科、眼科など他診療科で手術をする前に、入院にて血糖コントロールを行う場合もあります。

▲診療科選択に戻る

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 悪性リンパ腫に対する化学療法(リツキサン) 66 20.0 17.7 0.0% 74.4
130010xx97x2xx 急性白血病に対する化学療法+輸血 20 50.2 43.6 5.0% 67.2
130030xx97x40x 悪性リンパ腫に対する化学療法(リツキサン)+輸血 19 29.2 36.9 0.0% 67.8
 血液内科の症例で最も多いのは、悪性リンパ腫による入院です。また、急性白血病や最近では多発性骨髄腫や骨髄異形成症候群での入院も増えてきています。また、当科で特筆すべきことは、腎不全や心不全等、臓器合併症を持った患者さんが多いことが挙げられます。他科との良好な連携のもと、こうした患者さんの治療を行っています。
 血液悪性腫瘍の治療では、治療により治癒や長期寛解が得られ、しかもQOLが保たれる症例が多く、高齢者や合併症を持つ方でも積極的に治療を行っています。

▲診療科選択に戻る

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9904xx 肺癌に対する化学療法 61 13.5 13.4 0.0% 70.6
040080x099x0xx 肺炎に対する抗生剤治療 35 11.1 14.3 0.0% 68.6
040040xx99100x 肺腫瘍の検査 (良性か悪性か調べる) 34 3.1 3.3 0.0% 69.4
 呼吸器内科では、呼吸器系の悪性腫瘍である肺癌の患者さんの化学療法目的の入院が最も多く、平均在院日数が約14日です。肺癌の診断のための気管支鏡検査やCTガイド下生検のための入院が第3位を占め、平均3日ほどの在院日数となります。第2位は15歳以上の市中肺炎の治療目的の入院ですが、詳細は「成人市中肺炎の重症度別患者数」の項をご参照下さい。

▲診療科選択に戻る

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x10x 肺癌に対する手術(胸腔鏡または開胸) 85 25.5 21.4 4.7% 69.0
040040xx99100x 肺腫瘍の検査(良性か悪性か調べる) 70 4.3 3.3 1.4% 70.4 CTガイド下肺生検 当日入院[3388]
CTガイド下肺生検 前日入院[3387]
040040xx9907xx 肺癌に対する化学療法 48 11.3 12.9 0.0% 67.8
 肺の悪性腫瘍手術については、術前に確定診断をつけて患者さんの状態に適した術式を決めることにしております。そのためには、術前に十分に精査し患者さんの状態を詳細に把握することが大切です。術前診断の検査については、気管支鏡は通常は外来で施行しますが、高齢者の場合には入院で施行し患者さんの負担の軽減に努めております。気管支鏡での診断が困難な場合にはCTガイド下生検やエコー下生検を施行しております。悪性腫瘍手術については、術前の検査は外来で施行し極力入院期間の短縮に努めております。しかしながら患者さんが高齢化し、狭心症や糖尿病など他疾患を合併している方が多いのが当院の特徴です。在院期間が少し延長しても合併症を極力減らす努力をしており、その甲斐あって、平成27年度は手術関連死亡はゼロでした。
 化学療法については、術後の再発症例や進行肺癌に対する補助療法を施行しております。

▲診療科選択に戻る

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症に対する心臓カテーテル検査 381 3.4 3.1 0.0% 67.2 心臓カテーテル検査(CAG)2泊3日<橈骨アプローチ>[2870・2868・2869]
心臓カテーテル検査(CAG)2泊3日<鼠径アプローチ・透析>[2871・2872・2873・2874・2875]
050050xx0200xx 狭心症に対する心臓カテーテル治療 208 4.4 4.9 0.5% 68.2 冠動脈形成術・ステント留置術(PCI)2泊3日<橈骨アプローチ>[2877・2878]
冠動脈形成術・ステント留置術(PCI)2泊3日<鼠径アプローチ・透析>[2880・2881・2884]
050130xx99000x 心不全に対する内科的治療 135 14.4 18.3 7.4% 77.2
 循環器内科で最も多い入院症例は、狭心症などに対する心臓カテーテル検査です。心臓カテーテル検査は、カテーテルと呼ばれる細い管を手首や足の付け根の動脈から心臓まで通し、造影剤を注入して冠動脈を撮影する検査です。大きなトラブルもなく、全国平均並みの検査が実施できています。
 2番目に多いのは、心臓カテーテル治療です。これは、狭心症や心筋梗塞などによる、冠動脈の狭窄や閉塞部分に対して、バルーン(風船)やステント(網目状の金属製の筒)を用いて病変部分を拡張し治療する方法で、検査と同様にカテーテルを使って行います。全国平均より在院日数が短く、良好な成績をおさめています。
 3番目に多いのは、心不全に対する内科的治療です。心臓は体全体に血液を運搬するポンプの作用を有していますが、全身の臓器に必要かつ十分な酸素が行き渡らない状態が心不全であり、あらゆる心臓病の終末像にあたります。高齢社会を反映して、心不全患者さんの入院時平均年齢は高くなっています。入退院を繰り返す頻度が高く、その度に全身状態が悪化し生活の質が低下していきます。生活の質を維持して再入院を避ける目的で、医師・看護師だけでなく、管理栄養士・薬剤師・理学療法士など多職種で構成するチームで患者さんをサポートする体制を整えています。そのため、当院では在院日数が全国より4日短く、良好な成績をおさめています。
 当院では循環器内科と心臓血管外科が心臓大動脈センターとして一体になって診療を行っております。医学的根拠に基づき、薬物治療、カテーテル治療、外科治療の中から患者さんに最適な治療治療方針を決定します。

▲診療科選択に戻る

心臓血管外科診療実績はコチラ
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症に対する弁置換術(カテーテル検査・IABP・透析等を行った症例を除く) 45 23.4 25.7 0.0% 71.1
050050xx0101xx 狭心症に対する冠動脈バイパス手術(カテーテル検査・IABP・透析等を行った症例を除く) 40 19.9 23.6 0.0% 69.0
050163xx03x0xx 胸部または腹部大動脈瘤に対するステントグラフト挿入術(カテーテル検査・IABP・透析等を行った症例を除く) 31 9.4 13.2 9.7% 78.9 ステントグラフト内挿術(TEVAR・EVAR)[1843・2800]
 心臓血管外科の主な入院症例は大動脈弁狭窄症や僧房弁閉鎖不全症など弁膜症の患者さんに対する弁置換術、心臓の冠動脈が狭窄または閉塞し、心筋に血液が十分に供給されないことで起こる狭心症や急性心筋梗塞などの患者さんに対する冠動脈バイパス手術です。これらの中には弁膜症の手術と冠動脈バイパス術を同時に行う症例も含まれますが、全国の平均在院日数より短い日数で退院されています。次いで多いのは、大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術です。ステントグラフトによる治療では、手術による切開部を小さくすることができ、患者さんの身体にかかる負担を極めて少なくし、短期間での退院を可能としています。
 全てに共通する事項ですが、入院後手術の前に心臓カテーテル検査や、心臓の働きを助ける補助循環装置(IABP)、人工透析を行っている患者さんはDPCの扱いが異なり、上記症例数には含まれません。

▲診療科選択に戻る

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx0300xx 肝癌に対するラジオ波焼灼術 211 7.5 9.0 0.0% 70.8
060340xx03x00x 胆管結石に対する内視鏡治療 102 14.2 10.9 6.9% 72.9
060020xx04x0xx 早期胃癌に対する粘膜切除術 61 6.3 9.2 0.0% 75.2
 肝癌に対するラジオ波焼灼療法は、この5年間では1年あたりの症例数が200例~270例の間を推移しています。この件数は全国でも10位以内の症例数であり、十分な経験と実績のもとに施行しています。施術に際しては、眠ってしまうような麻酔を使用しますので、痛みを伴うことはありません。細い電極針を皮膚を介して肝臓に穿刺しますので、施術に伴う傷がほとんど残りません。平均的な治療時間は約40分、入院期間は約1週間となります。入院が予想以上に長くなってしまう重篤な合併症の発生率は0.5%と、全国的にみても少ない数値となっています。
 胆管結石、胆管炎は発熱、腹痛、黄疸が主症状の急性疾患であり緊急の処置が必要です。30分程度の内視鏡による手術で治療可能ですが、重症例では治療後の集中管理が必要になります。当院では24時間体制で受け入れ年間100例程度対応しています。
 胃癌は本邦悪性腫瘍の中で罹患数1位、死亡数2位を占めており日本人の掛かりやすい癌の代表ですが、胃癌の広がりが粘膜内にとどまりかつ小さく、分化度がよい場合は転移の可能性が非常に低く、内視鏡で癌の部分だけを切除することで完治が得られます。1週間程度の入院で、当院でも積極的に対応し症例数は年間60-70例程度で推移しています。

▲診療科選択に戻る

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx0100xx 大腸癌に対する切除術 49 17.0 17.4 2.0% 70.0
060150xx03xx0x 虫垂炎に対する切除術 45 5.2 5.6 0.0% 36.8
060335xx0200xx 胆のう炎に対する腹腔鏡下切除術 38 7.3 7.8 0.0% 62.2 LSC腹腔鏡下胆嚢摘出術[14]
 最も多い症例数は大腸癌のなかでも結腸の悪性腫瘍、虫垂炎、胆石・胆嚢炎の症例の順になります。結腸癌の患者さんは、平均年齢70歳ですが、90歳を超えた患者さんも多く手掛けています。
 虫垂炎手術に関しては、多くは腹腔鏡下虫垂切除術を行っていますが、開腹手術で行う症例は、虫垂周囲膿瘍形成があったり、それなりに炎症程度の高いものが多く含まれています。
 当院では急性胆嚢炎の患者さんの多くは、消化器内科で経皮経肝的胆嚢ドレナージ術(PTGBD)や内視鏡的逆行性胆管ドレナージ術(ERBD)を行った後に待機的に当科で腹腔鏡下胆嚢摘出術を行うことが多くなっています。

▲診療科選択に戻る

乳腺・内分泌外科診療実績はコチラ
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳癌の部分切除術(リンパ節の郭清を行わないもの) 112 5.5 6.8 0.0% 58.4 乳房部分切除術(センチネル)[2901]
乳房部分切除術(センチネル)2日前入院 [2683]
090010xx02x0xx 乳癌の切除術(リンパ節の郭清を行わないもの) 62 8.3 10.4 0.0% 58.6 乳腺全摘術(センチネル) [3757]
乳腺全摘術(センチネル)2日前入院 [3758]
090010xx01x0xx 乳癌の切除術(リンパ節の郭清を行うもの) 39 8.7 11.6 0.0% 55.5
 乳がんを中心に甲状腺、副甲状腺、副腎の手術を行っています。ERAS(術後早期回復プログラム)を考慮したパスを利用し、短い入院期間で、安全に安心して退院、社会復帰できるようサポートしています。

▲診療科選択に戻る

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030390xx970xxx 顔面痙攣に対する微小血管減圧術 88 10.3 11.9 0.0% 51.1 頭蓋内微小血管減圧術(MDV)[3115・3118・3120]
010120xx01xxxx 三叉神経痛、舌咽神経痛に対する微小血管減圧術 32 10.3 15.0 0.0% 63.5 頭蓋内微小血管減圧術(MDV)[3115・3118・3120]
160100xx97x00x 外傷性慢性硬膜下血腫に対する血腫除去術 21 9.9 10.0 14.3% 73.0
 顔面けいれん・三叉神経痛・舌咽神経痛に対する微小血管神経減圧術の手術件数が多く、平成27年度は120件でした。全例患者用パス(治療の効率性・安全性を高めるためあらかじめ用意してあるフローチャート)を使用していますが、改訂につぐ改訂で常にブラッシュアップしていることが全国平均より短い平均在院日数につながったと自負しております。
 救急や時間外受診者の増加に伴い、手術により治る認知症である外傷性慢性硬膜下血腫件数が増加しております。

▲診療科選択に戻る

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 大腿骨骨折に対する手術 59 28.7 28.7 72.9% 79.7
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄症に対する椎弓切除術 52 25.3 18.4 3.8% 71.7 腰椎手術[2977]
070341xx97xxxx 頚椎症性脊髄症に対する椎弓形成術 42 28.5 22.8 14.3% 67.0 頸椎手術[2984]
 大腿骨近位部骨折に対し、入院時に即メディカルソーシャルワーカー(MSW)との面談日を予約し、回復期リハビリテーション病棟へのスムーズなリハビリ転院促進を図っていますが、脊椎手術症例のうち、重大な内科疾患症例が在院日数増加の原因となっており、ハイリスク症例を受け入れている当科のやむをえない部分となっています。

▲診療科選択に戻る

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹の抗ウイルス薬治療 38 6.5 9.0 0.0% 62.8 帯状疱疹[482]
080011xx99xxxx 急性皮膚感染症の抗生剤治療 33 8.4 12.0 0.0% 62.3 蜂窩織炎[492]
080007xx010xxx 良性の腫瘍切除 20 2.3 4.4 0.0% 58.7 1泊2日入院手術[2087]
2泊3日入院手術[483]
 帯状疱疹の抗ウイルス剤の投与期間は7日以内なので、平均在院日数が6.5日は妥当な日数です。急性膿皮症に関しては、糖尿病などの合併がある例が多い割に、短く退院できています。

▲診療科選択に戻る

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱癌の内視鏡下切除手術+膀胱内に化学療法剤注入 60 7.1 8.0 0.0% 71.4 経尿道的膀胱腫瘍切除手術(TUR-BT)[833・2394]
11012xxx020x0x 腎臓や尿管の結石に対するレーザー治療 54 5.4 5.9 0.0% 61.2 経尿道的尿管結石破砕術(TUL)[834]
110070xx0200xx 膀胱癌の内視鏡下切除手術のみ 41 7.2 7.6 0.0% 71.9 経尿道的膀胱腫瘍切除手術(TUR-BT)[833・2394]
 泌尿器科で最も多い入院は、前立腺がんが疑われたときに行われる前立腺針生検の患者さんですが、「短期滞在手術基本料」の対象であるため、本集計の対象外となります。
 本集計で最も多いのは膀胱がんに対する経尿道的手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術、TUR-Bt)を受ける患者さんです。この手術では、術後に膀胱内に抗がん剤を注入する場合としない場合でDPCでの扱いが異なっているため、この表では第1位(抗がん剤あり)と第3位(抗がん剤なし)に分かれて記載されています。
 次に多いのは、腎結石や尿管結石に対する手術(経尿道的尿路結石除去術、TUL)を受ける患者さんです。当院ではホルミウムレーザーを用いた手術を取り入れておりますが、結石の状態によっては体外衝撃波砕石術(ESWL)を施行することもできます。

▲診療科選択に戻る

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 性器脱に対する手術治療 167 8.3 9.5 0.0% 66.5
120060xx02xxxx 子宮筋腫に対する腹腔鏡手術 79 6.5 6.3 0.0% 41.2 LAM/腹腔鏡補助下子宮筋腫核出術[1272]
LM/腹腔鏡下子宮筋腫核出術[2787]
TCR/子宮鏡下ポリープ・筋腫切除術[3148]
070341xx97xxxx 卵巣のう腫に対する腹腔鏡手術 69 6.4 6.5 0.0% 40.0 LC/腹腔鏡下卵巣のう腫核出術[1942]
 性器脱(子宮脱など)の手術数は最も多く実施しています。ご高齢の患者さんが多いのですが、当院は総合病院であり、循環器内科などと連携して、安全な手術を行っています。
 平成27年度は子宮筋腫の手術数は、子宮鏡・開腹術などを含めると155例で、性器脱に匹敵する数でした。他院で子宮摘出手術を勧められた患者さんでも、筋腫核出術を行い、子宮を残す努力をしています。腹腔鏡下手術を積極的に行っており、182例で術式別では最多となります。

▲診療科選択に戻る

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂症に対する手術 45 3.7 3.5 0.0% 75.5
 眼科において最も多い入院症例は、白内障に対する手術を受ける患者さんですが、「短期滞在手術基本料」の対象であるため、本集計の対象外となります。白内障に対する手術は1992年、三井記念病院で開発されたフェイコ・プレチョップ法と新たな専用手術器具により、白内障手術が4分程度の短時間で済むようになりました。因みに当院における最短の白内障手術は、呼吸困難のために仰臥位が取れない症例に対し行われた1分29秒の手術です。2004年には1.8mmの極小角膜切開から白内障を取り除き、直径6ミリの眼内レンズを移植することに成功しています。2ミリ以下の極小切開による低侵襲手術は、乱視のない良好な術後視力を早期に回復させ、在院日数も全国と比べて短縮されております。更に近年では術前から存在する乱視を矯正するトーリックレンズや遠近両用の多焦点眼内レンズを積極的に用い、より付加価値の高い治療を行っています。現在術前の角膜乱視によりトーリック眼内レンズが適応となるすべての症例に、これを移植しており、その比率は全症例の約40%に相当します。当院の白内障手術は、十分な経験と実績に基づき小さな傷口から短い手術時間で行われています。(詳細は眼科の診療実績をご参照ください。)

▲診療科選択に戻る

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030440xx01xxxx 慢性中耳炎に対する鼓室形成手術 122 5.1 10.1 0.0% 49.9 鼓室形成/アブミ骨手術[2329]
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術 28 9.7 7.8 0.0% 52.4
030150xx97xxxx 耳下腺腫瘍に対する摘出手術 27 7.0 7.9 0.0% 55.7
 耳の手術が最も多く、常時手術日には2~3件耳の手術が行われています。術後経過も順調で、鼓室形成術は全国平均の半分の在院日数で退院をしています。これは49.9歳という患者の平均年齢からわかるように、仕事をしている人の入院日数としては、仕事を休む日数が約3~4日ですむためメリットは大きく、しかも転院、再入院もなく順調な経過を示しています。
 耳の手術の中でも慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫症例が122件ですが、この他に耳硬化症、先天性耳小骨奇形、先天性真珠腫など難聴改善手術が続きます。顔面神経麻痺、めまいなどにも手術が行われており、これらを合わせると年間約200件の耳の手術を行っています。鼻副鼻腔・頸部の手術も行っており、すべて転院率は0%となっています。
 副鼻腔炎では特に歯性上顎洞炎の治療に力を入れており、歯科と密接な連携の上、診断と治療を行っています。手術は耳鼻科・歯科合同で行っています。

▲診療科選択に戻る

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 107 24 28 23 27 1 7
大腸癌 67 54 36 46 2 174 1 7
乳癌 71 109 15 4 88 1 7
肺癌 103 32 70 75 3 42 1 7
肝癌 34 26 27 5 138 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 消化器内科・外科では胃癌、大腸癌、肝癌の患者さんを、乳腺内分泌外科では乳癌の患者さんを、呼吸器内科・外科では肺癌の患者さんを多く診療しています。その中でも初発・再発を合わせて、大腸癌の患者さんが最も多く、次いで肺癌、乳癌となっています。
 乳癌や胃癌では、早期ステージである患者さんの割合が高くなっています。近年では、患者さん自ら人間ドックや検診を受けることにより早期発見されることも多く、身体的負担が少ない手術を受けることが可能です。
 大腸癌や肺癌では、Ⅲ期やⅣ期といった患者さんの数も少なくはなく、肝癌では再発の患者さんを数多く診療しています。当院では、病期が進行している場合でも、その病態に応じた手術を行うこと、また再発した場合でも、抗がん剤や放射線治療、緩和ケア治療等患者さんの病態や社会的背景を踏まえて、最良の治療を提供できるよう努めております。

▲トップへ戻る

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 34 10.4 55.9
重症度 1 62 13.7 77.6
重症度 2 65 14.7 79.5
重症度 3 15 50.1 83.3
重症度 4 3 18.7 77.3
重症度 5
不明
 A-DROPシステムの重症度別治療指針では、「軽症」の患者さんは外来治療が原則ですが、入院となる場合が少なからずあります。平均年齢が50歳代半ばと比較的若いにもかかわらず、高熱が続いて食事がとれないとか、咳がひどく睡眠が障害される、といったケースです。
 「中等症」の患者さんが最も多いですが、「中等症」以上の患者さんの平均年齢は70歳代後半から80歳を超え、高齢者の方ほど重症化しやすいことが推定されます。患者さんの状態に応じて適切な治療を行っていますが、とくに「重症」の患者さんの平均在院日数が50日と長いのは、背景に悪性腫瘍や、慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患を抱えているために長期化したと考えられます。

▲トップへ戻る

5.脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 24 7.1 63.8 0.0%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 100 24.3 72.7 33.0%
その他 30 14.6 73.6 23.3%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 13 11.5 72.2 23.1%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
 平成27年度において、「脳梗塞」と診断された患者さんの約8割は発症3日以内でした。
 ほとんどの患者さんは、発症当日に救急搬送されるか、自身で来院されています。また、脳梗塞の急性期治療を終了した患者さんのうち7割は自宅復帰されていますが、残りの3割は近隣医療機関へ転院し、リハビリテーションか長期療養に専念することになります。

▲トップへ戻る

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

▲トップへ戻る

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-2 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 56 6.7 11.1 1.8% 69.6
K514 肺悪性腫瘍手術 40 6.1 25.0 7.5% 67.3
K513 胸腔鏡下肺切除術 37 3.9 6.2 0.0% 36.1
 悪性腫瘍手術については、患者さんの状態に応じて術式を選定しております。胸腔鏡手術では、切除範囲により術後日数が変わります。当院の特色としてリンパ節転移を伴う進行肺癌については、胸骨正中切開での両側縦隔リンパ節郭清を施行しております。適応は75歳以下の標準術式可能な症例としておりますが、術式による術前日数に変化はないものの、胸腔鏡手術では困難な周辺臓器の合併切除、両側縦隔リンパ節郭清を施行した症例においては退院までの期間が延長しています。しかしながら、拡大手術を施行した症例でも手術関連での死亡例はありませんでした。今後の課題は術後の在院期間を安全性を損なわずに短縮することです。
 良性腫瘍については、胸腔鏡手術で気胸や良性腫瘍の手術を施行しておりますが、開胸に移行した症例でも在院期間に差はありませんでした。

▲診療科選択に戻る

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K549 経皮的冠動脈ステント留置術 271 1.6 4.4 0.7% 66.6 冠動脈形成術・ステント留置術(PCI)2泊3日<橈骨アプローチ>[2877・2878]
冠動脈形成術・ステント留置術(PCI)2泊3日<鼠径アプローチ・透析>[2880・2881・2884]
K595 経皮的カテーテル心筋焼灼術 51 1.2 2.7 0.0% 65.4 経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)<心房細動以外2泊3日>[3067]
経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)<心房細動以外3泊4日>[3803]
経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)<心房細動>[3604]
K597-2 ペースメーカー交換術 36 1.4 8.1 0.0% 76.8
 循環器内科で最も多い入院症例は、狭心症などに対する心臓カテーテル検査です。心臓カテーテル検査は、カテーテルと呼ばれる細い管を手首や足の付け根の動脈から心臓まで通し、造影剤を注入して冠動脈を撮影する検査です。大きなトラブルもなく、全国平均並みの検査が実施できています。
 2番目に多いのは、心臓カテーテル治療です。これは、狭心症や心筋梗塞などによる、冠動脈の狭窄や閉塞部分に対して、バルーン(風船)やステント(網目状の金属製の筒)を用いて病変部分を拡張し治療する方法で、検査と同様にカテーテルを使って行います。全国平均より在院日数が短く、良好な成績をおさめています。
 3番目に多いのは、心不全に対する内科的治療です。心臓は体全体に血液を運搬するポンプの作用を有していますが、全身の臓器に必要かつ十分な酸素が行き渡らない状態が心不全であり、あらゆる心臓病の終末像にあたります。高齢社会を反映して、心不全患者さんの入院時平均年齢は高くなっています。入退院を繰り返す頻度が高く、その度に全身状態が悪化し生活の質が低下していきます。生活の質を維持して再入院を避ける目的で、医師・看護師だけでなく、管理栄養士・薬剤師・理学療法士など多職種で構成するチームで患者さんをサポートする体制を整えています。そのため、当院では在院日数が全国より4日短く、良好な成績をおさめています。
 当院では循環器内科と心臓血管外科が心臓大動脈センターとして一体になって診療を行っております。医学的根拠に基づき、薬物治療、カテーテル治療、外科治療の中から患者さんに最適な治療治療方針を決定します。

▲診療科選択に戻る

心臓血管外科診療実績はコチラ
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-2 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 71 5.1 16.6 4.2% 69.0
K555 弁置換術 66 8.1 26.3 6.1% 73.1
K560 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 46 3.1 24.7 15.2% 69.7
 心臓血管外科の主な手術の一つは冠動脈バイパス術です。当院ではほとんどの症例で心臓を動かしたまま行う「オフポンプ手術」を施行しており、心臓にかかる負担が少ないことで術後の合併症を減らし、より全身状態の回復を早く導いています。
 並んで多いのは弁膜症に対する弁置換術で、他の併存症を抱えている患者さんも多いことから、術前の検査や治療を十分に行いよい状態で手術に臨んで頂くため、術前日数は少々長くなっています。大動脈弁狭窄症の患者さんに対しては全身状態を考慮し、2013年10月に保険認可された径カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)を施行することもできます。TAVIについては心臓血管外科医、循環器内科医をはじめとする専門スタッフで構成される心臓大動脈センターでカンファレンスを行い、患者さんにとって最適な治療法を検討、選択しています。次に多いのは大動脈瘤に対する大動脈瘤切除術です。当院は東京都の「急性大動脈スーパーネットワーク」加盟の大動脈重点支援病院であり、緊急ハイリスクの患者さんをお断わりすることなく受け入れています。
 全ての手術において、透析を行っている患者さんにも積極的に治療を行っています。また術後には十分なリハビリ実施を計画し、患者さんがご自宅に帰られて日常生活にスムーズに戻ることができるよう支援をし、退院して頂くようにしています。

▲診療科選択に戻る

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K697-3 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 217 1.5 5.2 0.0% 70.5
K721 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 120 1.4 3.0 0.0% 69.1
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 91 3.7 18.1 4.4% 73.5
 肝癌に対するラジオ波焼灼療法は、この5年間では1年あたりの症例数が200例~270例の間を推移しています。この件数は全国でも10位以内の症例数であり、十分な経験と実績のもとに施行しています。施術に際しては、眠ってしまうような麻酔を使用しますので、痛みを伴うことはありません。細い電極針を皮膚を介して肝臓に穿刺しますので、施術に伴う傷がほとんど残りません。平均的な治療時間は約40分、入院期間は約1週間となります。入院が予想以上に長くなってしまう重篤な合併症の発生率は0.5%と、全国的にみても少ない数値となっています。
 胆管結石、胆管炎は発熱、腹痛、黄疸が主症状の急性疾患であり緊急の処置が必要です。30分程度の内視鏡による手術で治療可能ですが、重症例では治療後の集中管理が必要になります。当院では24時間体制で受け入れ年間100例程度対応しています。
 胃癌は本邦悪性腫瘍の中で罹患数1位、死亡数2位を占めており日本人の掛かりやすい癌の代表ですが、胃癌の広がりが粘膜内にとどまりかつ小さく、分化度がよい場合は転移の可能性が非常に低く、内視鏡で癌の部分だけを切除することで完治が得られます。1週間程度の入院で、当院でも積極的に対応し症例数は年間60-70例程度で推移しています。

▲診療科選択に戻る

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K633 ヘルニア手術 98 1.7 3.4 2.0% 70.0
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 50 2.2 5.0 0.0% 60.1 LSC腹腔鏡下胆嚢摘出術[14]
K719 結腸切除術 47 7.0 16.3 4.3% 70.8
 手術件数が最も多いのは、ヘルニア手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、結腸切除の順になります。
 結腸切除に関しては平均年齢70.8歳ですが、90歳を超えた患者さんも多く手掛けています。また、腹腔鏡下結腸切除術も積極的に導入しており、現在では全結腸手術の約35%を占めていますが年々その比率は増えています。また、転院率が3~4%前後あるのは、多くの合併症を有するために他院からの転院後、当院で手術を行い術後急性期が過ぎた後、紹介元の病院に転院するケースが増えていることを反映しています。
 当院の年間手術件数は約630件前後です。上記に挙げた手術件数トップ3を合計しても195件と全体の約3割を占めるにすぎないのは、当科では他の領域の手術(食道・胃・肝胆膵悪性疾患)も幅広く行っていることを反映しているためです。

▲診療科選択に戻る

乳腺内分泌外科診療実績はコチラ
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476 乳腺悪性腫瘍手術 220 1.3 4.6 0.0% 58.2 乳房部分切除術(センチネル)[2901]
乳腺全摘術(センチネル)2日前入院[3758]
乳腺全摘術(センチネル)[3757]
K464 副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術 20 1.7 3.7 0.0% 58.3
K474 乳腺腫瘍摘出術 15 0.8 1.7 0.0% 46.1
 年度により変動ありますが、乳房部分切除の割合は50-60%です。乳房全切除の20-30%は同時再建手術を行います。甲状腺・副甲状腺の手術は、合併が少ないのが特徴です。

▲診療科選択に戻る

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K160-2 頭蓋内微小血管減圧術 118 1.0 8.3 0.0% 54.1 頭蓋内微小血管減圧術(MDV)[3115・3118・3120]
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 24 0.5 10.0 16.7% 74.4
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 20 3.6 24.8 5.0% 60.8
 平成27年度の開頭腫瘍摘出術の病理診断のうちわけは、髄膜腫・聴神経鞘腫・転移性腫瘍・悪性神経膠腫・類上皮腫等多様でした。手術顕微鏡(Leica M525F50)・手術ナビゲーションシステム(StealthStation S7)・電気生理学的モニタリング・術中ドップラー・エコー・ICG蛍光診断法を駆使して、安全で確実な手術を行い、前年比60%増と手術件数の増加につながりました、悪性腫瘍に対しては術後治療(放射線治療等)が必要なため在院日数が長くなる傾向があります。

▲診療科選択に戻る

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K142 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 140 4.3 25.1 13.6% 67.4 頸椎手術[2984]
腰椎手術[2977]
K046 骨折観血的手術 72 2.2 17.7 34.7% 65.7
K082 人工関節置換術 46 3.3 28.8 0.0% 73.7 TKA/人工膝関節置換術[3738]
THA/人工股関節置換術[3231]
 トップの脊椎の手術件数は、増加の一途をたどっています。コンピューターナビゲーションシステム、最高機能の最新手術用顕微鏡、高機能手術台等ハイテクを用いて、経験豊富な専門医が手術を行っており当科での手術希望の方が急増しています。内科的合併症を有するハイリスクの患者さんをお受けしてるために、術前術後の内科的管理にかかる日数が在院日数を少し延長させる原因となっており、逆に難治性疾患をお受けしていることの現れといえます。
 骨折手術のうち、高齢者の大腿骨近位部骨折が多いのですが、こちらも内科的合併症を有する高齢者に対応しているため、やや在院日数が増えています。これに対して、クリニカルパス短縮見直しを行い、入院早期より回復期リハビリ先のご相談を開始して、スムースにリハビリ転院できるようにしています。
 人工関節においても、リハビリ機器の充実を計り、クリニカルパス短縮見直しを行うことで、早期退院をめざしています。

▲診療科選択に戻る

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K006 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 12 0.0 1.3 0.0% 58.7% 1泊2日入院手術[2087]
2泊3日入院手術[483]
K005 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) - - - - - 1泊2日入院手術[2087]
2泊3日入院手術[483]
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 - - - - - 1泊2日入院手術[2087]
2泊3日入院手術[483]
 皮膚悪性腫瘍は基底細胞癌がほとんどです。平均年齢も77歳と高齢です。良性腫瘍は脂肪腫、粉瘤がほとんどです。

▲診療科選択に戻る

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K803 膀胱悪性腫瘍手術 112 1.3 6.7 0.0% 71.8 経尿道的膀胱腫瘍切除手術(TUR-BT)[833・2394]
K781 経尿道的尿路結石除去術 54 1.2 3.2 0.0% 61.2 経尿道的尿管結石破砕術(TUL)[834]
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術 ホルミウムレーザーを用いるもの 34 1.1 5.8 0.0% 68.0 ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)[3654]
 泌尿器科で最も多い手術は、膀胱がんに対する経尿道的手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術、TUR-Bt)です。当院では、合併症がより少ないとされる、生理食塩水を還流液として用いています。腫瘍の状態によっては、病理結果を確認するために2回目のTUR-Btが推奨されており、当院でも必要に応じて行っています。また、2016年4月から保険適応になった、狭帯域光(NBI)を使用した手術も行っています。
 次いで多いのは、腎結石や尿管結石に対する手術(経尿道的尿路結石除去術、TUL)です。当院ではホルミウムレーザーを用いた手術を取り入れており、良好な成績を収めています。
 3番目に多いのは、前立腺肥大症に対する、ホルミウムレーザー切除術(HoLEP)です。従来電気メスを用いた手術(TUR-P)が行われてきましたが、レーザーを用いた手術では、より大きな前立腺であっても少ない出血量で完全切除が可能になっています。

▲診療科選択に戻る

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K802-21 膀胱脱手術 メッシュを使用するもの 138 1.9 5.6 0.0% 66.4
K888 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 105 1.1 4.9 0.0% 40.7 良性開腹術[2806]
LC/腹腔鏡下卵巣のう腫核出術[1942]
K898 帝王切開術 76 1.6 7.6 0.0% 34.5 帝王切開術[1947]
 性器脱手術は年間合計190例ほどで、①子宮脱手術のみ、②膀胱脱手術のみ、③両者となり、膀胱脱手術138例は②+③の合計です。附属器とは、卵巣や卵管を意味しますが、当科では附属器腫瘍の84%は腹腔鏡下手術を行っており、患者さんの術後の疼痛などの負担が開腹術に比べ軽度です。帝王切開術は、全分娩例の23%ですが、約半数は緊急手術を安全に行っています。

▲診療科選択に戻る

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K282 水晶体再建術 3607 0.3 1.3 0.0% 73.5
K219 眼瞼下垂症手術 45 0.3 2.4 0.0% 75.5
 眼科において最も多い入院症例は、白内障に対する手術を受ける患者さんです。1992年、三井記念病院で開発されたフェイコ・プレチョップ法と新たな専用手術器具により、白内障手術が4分程度の短時間で済むようになりました。因みに当院における最短の白内障手術は、呼吸困難のために仰臥位が取れない症例に対し行われた1分29秒の手術です。2004年には1.8mmの極小角膜切開から白内障を取り除き、直径6ミリの眼内レンズを移植することに成功しています。2ミリ以下の極小切開による低侵襲手術は、乱視のない良好な術後視力を早期に回復させ、在院日数も全国と比べて短縮されております。更に近年では術前から存在する乱視を矯正するトーリックレンズや遠近両用の多焦点眼内レンズを積極的に用い、より付加価値の高い治療を行っています。現在術前の角膜乱視によりトーリック眼内レンズが適応となるすべての症例に、これを移植しており、その比率は全症例の約40%に相当します。当院の白内障手術は、十分な経験と実績に基づき小さな傷口から短い手術時間で行われています。(詳細は眼科の診療実績をご参照ください。)

▲診療科選択に戻る

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 144 1.1 3.0 0.0% 46.9 鼓室形成/アブミ骨手術[2329]
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 24 1.4 7.3 0.0% 32.0
K457 耳下腺腫瘍摘出術 17 1.0 6.2 0.0% 59.8
 一番多い手術は鼓室形成術です。病変の摘出とともに、難聴改善を目的とします。手術の前日に入院し、術後3日目の朝に退院します。小児から高齢者まで実施していますが、平均年齢は46.9歳と就業している患者さんも多く社会生活に支障を来す事なく、すぐ仕事に復帰できます。
難聴改善、機能改善手術は鼓室形成術のみではなく、アブミ骨手術、顔面神経減荷術、内リンパ嚢開放術、内耳窓閉鎖術など多数有り、耳の手術全体では年間約200例を数えます。
 耳下腺手術については、顔面神経麻痺の発症を防ぐため、神経刺激装置を使用しています。さらに、術後後遺症(フライ症候群)の予防を必ず行っています。

▲診療科選択に戻る

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.01%
異なる 10 0.07%
180010 敗血症 同一 14 0.10%
異なる 32 0.22%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 2 0.01%
180040 手術・処置等の合併症 同一 85 0.59%
異なる 14 0.10%
 手術・処置などの合併症にあたるものとして、感染症および合併症の発生率を示したものです。
 厚生労働省による平成26年度のDPC対象病院全国平均は、(上から順に、)播種性血管内凝固「0.17%」、敗血症「0.56%」、その他の真菌症「0.04%」、手術・処置等の合併症「0.70%」であり、4項目すべて全国平均以下であることがわかります。
 とはいえ、これらは重篤な主疾患の合併症として発症しているケースが多いため、臨床上ゼロにはなりえないものですが、少しでも改善できるよう努めています。

▲トップへ戻る

更新履歴
2016/09/20
指標「年齢階級別退院患者数」表の件数更新
指標「診断群分類別患者数」平均在院日数(全国)、泌尿器科、眼科更新
指標「診療科別主要手術別患者数等」眼科更新