病院情報

ホーム>病院案内>診療科> 呼吸器外科

診療科

  • 診療科

呼吸器外科印刷する

お知らせ
概要特色

  • 原発性肺癌に対する胸骨正中切開下での両側縦隔リンパ節郭清
  • 進行肺癌に対する近接臓器切除を含む拡大手術
  • 悪性胸膜中皮腫に対して胸膜肺全摘術と化学療法
  • 心血管合併症、透析患者等 他科との協力のもとに適した手術を考えています。
  • 呼吸器内科、放射線科ともよく相談の上、集学的治療を目指しています。
  • 専任の呼吸療法士による、術前術後の呼吸指導により安全性を高め、合併症の予防に努めています。

主な対象疾患

    原発性肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫などの腫瘍性疾患のほか、気管支拡張症・アスペルギローマ・慢性膿胸等の炎症性疾患、胸腔鏡を用いた自然気胸の手術・びまん性肺疾患の肺生検など、胸部病変に広く対応しています。

    当院オリジナルの胸骨正中経路による両側縦隔郭清術は、肺癌リンパ節転移進行肺癌で良好な成績を修めています。肺癌は他の臓器の癌と比べて症例個々による違いが大きく、患者さん本人に最も適した手術術式を選択することが大切であると常に考えています。

担当 医師
池田 晋悟
部長
池田 晋悟
いけだ しんご
学会認定
日本外科学会外科専門医
日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
日本胸部外科学会呼吸器外科専門医
専門分野
呼吸器外科

横田 俊也
科長
横田 俊也
よこた としや
学会認定
日本外科学会外科専門医
呼吸器内視鏡学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
星野 竜広
医長
星野 竜広
ほしの たつひろ
学会認定
日本外科学会認定外科専門医
日本呼吸器内視鏡学会認定気管支鏡専門医
日本禁煙学会認定禁煙認定指導医
専門分野
呼吸器外科

非常勤医師
坂口 浩三
さかぐち ひろぞう
専門分野
呼吸器外科

非常勤医師
早川 和志
はやかわ かずし
専門分野
気管支内視鏡

リハビリテーション部 理学療法士 (呼吸リハビリテーション専任)
秋保 光利
あきほ みつとし
リハビリテーション部 理学療法士(呼吸リハビリテーション専任)
田中 秀輝
たなか ひでき
実績

手術件数(2016年) 213例
肺悪性腫瘍手術例 109例
  原発性肺癌 95例
  原発性肺がん再発(2期郭清) 1例
  転移性腫瘍(肺癌肺転移含む) 11例
  胸膜中皮腫 2例
良性肺腫瘍(炎症性腫瘤含む) 5例
縦隔腫瘍(囊胞・リンパ節含む) 17例
胸壁腫瘍 3例
自然気胸(気腫性囊胞を含む) 32例
気管支拡張症・炎症性疾患 4例
膿胸 8例
頸部生検/胸腔鏡下肺生検 10例
局麻下手術 3例
開腹手術(後腹膜含む) 1例
再開胸 1例
胸腔鏡手術 120例
気管支鏡下(ステント含む) 25例

疾患別退院患者件数(2016年度)「DPCデータより算出」 409例
肺の悪性腫瘍 318例
気胸 41例
縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 11例
肺・縦隔の感染、膿瘍形成 9例
気管支狭窄など気管通過障害 8例
呼吸器系の良性腫瘍 6例
間質性肺炎 5例
肺・胸部気管・気管支損傷 4例
肺炎等 4例
胸水、胸膜の疾患(その他) 3例
ページの先頭へ戻る