医療連携

ホーム>医療連携>かかりつけ医のおすすめ

三井陽光苑印刷する

かかりつけ医を持つことのおすすめと診療情報提供書(紹介状)持参のお願い

「かかりつけ医」とは、日頃から患者さんの健康状態を把握し、診療行為のほかに健康管理上のアドバイスなどもしてくれる地域の診療所やクリニックの医師のことです。患者さんの状態を詳しく把握しているため、いざという時も適切に判断し、必要があれば専門医療が受けられる病院を紹介します。
一方、当院は高度医療を必要とされる患者さんや急性疾患の患者さんを迅速に対応する急性期病院の役割を担っており、
地域における急性期医療の基幹病院として、登録医をはじめとする地域の医療機関との緊密な連携のもと、診療内容に合わせた役割分担を行っています。日頃からの健康相談や病気の初期治療は地域の医療機関にお願いし、精密検査や専門的な治療が必要である場合は当院が担当しています。
その際、地域の医療機関から当院宛てに作成されるものが診療情報提供書(紹介状)です。紹介状には、患者さんの症状や検査・治療経過などの診療を行う上での有効な情報が記載されているほか、重複検査を回避することで患者さんへの身体的・金銭的ご負担が軽減されます。
診療情報提供書(紹介状)をご持参くださいますようお願いいたします。
紹介状をお持ちでない場合は、保険外併用療法費の特別料金として5,000円(税別)をご負担いただきます。

ページの先頭へ戻る