お知らせ

ホーム> イベント一覧

イベント 印刷する

「第24回公開臨床病理検討会(CPC)」 3/2(水)開催

一般の方 2016/01/21

2016年1月吉日
社会福祉法人三井記念病院
病理診断科 部長 森 正也

拝啓 時下ますますご清祥の段 お慶び申し上げます。
下記の通り、第24回公開臨床病理検討会を開催致します。皆様のご参加お待ち申し上げます。
                                       敬具
 

日時 : 2016年3月2日(水)19:00~20:00
場所 三井記念病院 外来棟7階 講堂
内容
【検討症例】 70代  女性
【臨床診断】 
成人発症 Still病
【既往歴】   18年前 左乳癌切除、2年前 左下腿 結節性紅斑
【臨床経過】 入院3か月前、弛張熱、関節痛出現。白血球・好中球増多、右腋窩リンパ節腫脹、肝機能異常、フェリチン高値から、成人発症スティル病と診断され、2か月前から他院でステロイド治療開始。当院へはPSL 40mg/日まで漸減したところで転院。経過は良好で、PSL15~20mg相当まで減量していたが、入院1か月後には、体重増加、下腿浮腫、胸水、腹水の増加がみられた。心原性は否定的。利尿剤抵抗性であった。

入院1か月半後の造影CTで胸水、腹水の更なる増加、心嚢水貯留、腸管浮腫が認められた。同時にCRP、フェリチンの再上昇、肝酵素上昇あり、成人スティル病の増悪と判断し、PSL増量。しかし胸水は経時的に増加し、酸素投与を要する状態に悪化。CTの4日後、ショック状態、急性腎不全、無尿となった。Best Supportive Careの方針となり、呼吸不全が進行し翌日死亡した。

【臨床的死因】
成人still病による胸水貯留、呼吸不全


【臨床上の問題点・検索希望事項】

1.成人発症スティル病は除外診断であるため、胸腹水貯留の原因として悪性リンパ腫、乳がん再発など、悪性腫瘍はないか。
2.CT上、左腎に腫瘍が指摘されていたが、本態はなにか?
3.WBC,CRP上昇あり、肺炎や尿路感染、腸炎の合併はないか。


申込方法: 2016年3月1日までに、地域連携室へE-mailまたはお電話でご連絡いただきますよう
 
お願い申し上げます。

「第24回公開臨床病理検討会(CPC)」のご案内

 

お申込・お問合せ

社会福祉法人三井記念病院 地域連携室
受付時間 月~金  8:30~17:00(土12:30)
〒101-8643 東京都千代田区神田和泉町1番地
TEL 03-3864-7900  FAX 03-3864-7901
E-mail :chkiryo@mitsuihosp.or.jp

 

ページの先頭へ戻る