病院情報

ホーム>病院案内>診療科> 循環器内科

診療科

  • 診療科

循環器内科印刷する

お知らせ
概要特色

  • 2013年12月より経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)を開始
  • 急性心筋梗塞と不安定狭心症に対する迅速な診断と冠動脈インターベンション
  • 安定した虚血性心臓病に対する冠動脈CTを用いた低侵襲な診断
  • 不整脈および心不全に対するデバイス治療
  • 頚動脈狭窄に対するステント植え込みなど、末梢動脈疾患に対するインターベンション
  • 不整脈に対する電気生理検査とカテーテルアブレーション
  • 東京都CCUネットワークと連携
    CCUネットワークの詳細はコチラ

      
     

  • 2015年から新しい高血圧の治験 腎デナベーション(RDN)を開始
    (治験に関する詳細、お問い合わせはPDFファイルをご覧ください。)

主な対象疾患
  • 不安定狭心症
  • 安定した虚血性心臓病
  • 心不全
  • 急性心筋梗塞
  • 不整脈
  • 弁膜症
  • 心筋症
  • 感染性心内膜炎

     

    主な手術・検査・処置などのご案内
    手術・検査・処理名 予定入院日数 説明
    CAG(冠動脈造影検査) 3日 カテーテルから造影剤を注入し、冠動脈を撮影する検査です。
    胸痛など狭心症などを疑う症状が見られた場合に行います。
    PCI(経皮的冠動脈形成術) 3日 狭心症や心筋梗塞などによる、冠動脈の狭窄や閉塞部分に対して、バルーンやステントを用いて病変部分を拡張し治療する方法です。

    ※上記はクリニカルパスを使用しています。
     患者さんの状態に合わせたクリニカルパスがあります(透析患者さん用CAGなど)。


     

    「DPCデータを用いた心疾患における医療の質に関する事業」への参加について

     三井記念病院の循環器内科は、日本循環器学会が実施する「DPCデータを用いた心疾患における医療の質に
    関する事業」に参加いたします。詳細は以下PDFをご覧ください。

     【「DPCデータを用いた心疾患における医療の質に関する事業」への参加について】

  •  

     

担当 医師
田邉 健吾
部長(循環器内科,心臓大動脈センター)
田邉 健吾
たなべ けんご
学会認定
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
専門分野
経皮的冠動脈インターベンション、末梢動脈インターベンション、マルチスライスCTによる心臓評価、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)

原 和弘
副院長,内科部長
原 和弘
はら かずひろ
学会認定
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
専門分野
冠動脈および末梢動脈インターベンション、デバイス治療

青木 二郎
科長,心疾患集中治療室(CICU)部長
青木 二郎
あおき じろう
学会認定
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本超音波医学会超音波専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本高血圧学会高血圧専門医
日本脈管学会脈管専門医
専門分野
虚血性心臓病、心臓弁膜症、高血圧症、心臓再同期療法(CRT)、心臓MRI

小宮山 浩大
医長
小宮山 浩大
こみやま こうた
学会認定
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
専門分野
狭心症・心筋梗塞のカテーテル治療、下肢動脈・頸動脈のカテーテル治療、深部静脈血栓症のカテーテル治療

医員
矢作 和之
やはぎ かずゆき
医員
佐藤 啓
さとう けい
医員
小池 秀樹
こいけ ひでき
医員
奥野 泰史
おくの たいし
医員
佐藤 優
さとう ゆう
実績

手術件数(2016年)

経皮的冠動脈インターベンション(PCI) 389例
四肢の血管拡張術・血栓除去術(PPI) 28例
ペースメーカー移植術 47例
ペースメーカー交換術 18例
両室ペーシング機能付き埋込型徐細動器移植術(CRT-D) 15例
埋込型徐細動器移植術(ICD) 6例
不整脈アブレーション(ABLATION) 70例
経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI) 36例

疾患別退院患者件数(2016年度)「DPCデータより算出」 1,684例
狭心症、慢性虚血性心疾患 870例
心不全 294例
頻脈性不整脈 127例
急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 114例
徐脈性不整脈 62例
弁膜症(連合弁膜症を含む。) 95例
徐脈性不整脈 62例
閉塞性動脈疾患 56例
肺炎等 34例
その他の循環器の障害 18例
肺塞栓症 14例


 

ページの先頭へ戻る