グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 患者さんの声 > 患者さんの声 > 患者さんからの声(2018年10月9日掲載)

患者さんからの声(2018年10月9日掲載)


「投書箱」より頂戴した皆様からのお声の一部をご紹介します。(2018年10月9日掲載)
 ※原則、原文のまま掲載しておりますが、個人を特定出来る記載はその箇所を変更または削除し掲載しております。

< 感謝・お褒めの言葉 1 >
医師や看護師の方々の連携、高い医療知識と技術、患者と向き合う献身的な姿により、入院期間中も安心して治療を受けることが出来ました。
激務にも関わらず看護師の方々の笑顔は最高でした。有難うございました。
< 感謝・お褒めの言葉 2 >
私はホテルで勤務していますが、貴院の医師の方々、そして看護師の方々、ホスピタリティマインドには感銘いたしました。
どのような教育をすればこのような素晴しい接客ができるのか知りたいぐらいです。改めて貴院の素晴らしさを実感しました。
ありがとうございました。

<ご意見>
お知り合い又は家族の方で面会に来られる方が多いと思いますが、先日は私の左隣の窓側の方、特に女性の声が大きく3時頃来て6時半頃まで病室でペチャクチャ、やっと帰ったと思ったら近くのお店に行って何を買ってきたのか、7時頃より9時半頃まで当日は眠れませんでした。この様な時は談話室にて話しをするようご指導お願いしたいと思います。
<当院からの回答>
今回は安静が必要な治療の時期に不快な入院環境となってしまい申し訳ありません。ご指摘の面会につきましては、午後3時頃から6時30分までは面会時間のためスタッフの注意が向けられませんでした。しかし、例え面会時間内でありご家族であっても、入院治療を優先しましたら長時間の面会に対しての注意と周囲への配慮が不足していたと思います。また、ご指摘戴きました7時頃から9時30分頃までの面会については、面会時間を過ぎていますので入院患者さんの安静を確保するためのスタッフの注意が必要でしたが気づくことができませんでした。
今回のご意見を参考に面会時間のあり方、ご面会の方々に対する注意と配慮を考え大部屋での入院療養環境が気持よく快適な生活が送れますよう対応して参ります。さらに、面会時間や面会のあり方だけではなく環境に対する気づきを看護として提供できますよう、努力していきたいと考えています。面会という日常当り前の状況を改めて考えることができました。貴重なご意見、誠にありがとうございました。