社会福祉法人 三井記念病院
心臓大動脈センター

経皮的僧帽弁クリップ術 MitraClip(マイトラクリップ)

経皮的僧帽弁クリップ術 MitraClip(マイトラクリップ)

経皮的僧帽弁クリップ術 MitraClip(マイトラクリップ)

僧帽弁閉鎖不全と心不全

【図1:心臓内部の様子】

僧帽弁閉鎖不全と心不全

心臓は全身に血液を送り出すポンプとして働く臓器で中には4つの部屋があります(図1)。上側の二つを左心房、右心房と呼び、下側の二つを左心室、右心室と呼びます。
この4つの部屋がリズミカルに拍動を繰り返すことで、心臓は効率的に血液を送り出すことができます。肺から酸素化された血液は左心房に送られ、左心房と左心室の間にある僧帽弁を通って左心室に送られます。左心室は心臓のポンプとして働き、左心室から駆出された血液は大動脈弁を通って大動脈から全身に送られます。

僧帽弁閉鎖不全症は、様々な原因により僧帽弁が完全に閉じなくなり、左心室が収縮した際に血液が左心室から左心房に逆流してしまう病気です(図2)。重症の僧帽弁閉鎖不全になると息切れやむくみなどの心不全症状が出現し、命に関わることがあります。

【図2:僧帽弁閉鎖不全症の原因】

経皮的僧帽弁クリップ術 MitraClip
(マイトラクリップ)とは

外科手術が何らかの理由で受けられないまたは、外科手術が向いていない患者さん(下ページにある「MitraClip(マイトラクリップ)の対象となる方」をご覧ください)に向けた新しい治療法です。

僧帽弁の逆流を軽減することが目的であり、胸を切開する従来の外科手術よりも体にかかる負担が少ないため、年齢や併存症のためにこれまで手術を受けることが難しかった患者さんに対しても治療が可能となり、選択肢を増やすことができるようになりました。

図1:クリップ 【図1:クリップ】
図2:クリップを操作する機器 【図2:クリップを操作する機器 】

MitraClipの治療の流れ

  • 1

    太ももの付け根の静脈(大腿静脈)からカテーテルを出し入れすることができるプラスチックの管(シース)を挿入します。

  • 2

    その管から心房中隔穿刺針を通して、心房中隔に穴を開けて右心房から左心房にガイドワイヤーを挿入します。

  • 3

    管を抜去し、ガイドワイヤーに沿わせてより太い24Fr(8mm程度)のガイドカテーテルを左心房内に挿入します。

  • 4

    ガイドカテーテルからクリップが先端についたクリップデリバリーシステムを左心房内に挿入します。

  • 5

    クリップを僧帽弁逆流の部位まで操作し、僧帽弁の弁尖をクリップ内に収納しクリップを閉じます。

  • 6

    僧帽弁逆流が減少していることを確認し、クリップを留置します。逆流が多く残存している場合はクリップの位置を修正したり、追加のクリップを留置することがあります。

  • 7

    クリップを留置すると、僧帽弁開放時に二つの穴から血流が左心房から左心室へ通過します。

  • 8

    僧帽弁閉鎖時はしっかり接合し逆流が減少します。クリップ留置位置を確認してからカテーテルを引き抜き、止血処置や縫合を行い、終了となります。

MitraClip(マイトラクリップ)のメリット

01身体への負担が少ない

外科的な弁置換術のように胸を大きく切開せず、また、心臓を停止させる必要がありませんので、患者さんへの負担を少なくすることが可能です。

02外科手術が行えない、又は手術リスクが高い方にも実施可能

高齢者や心臓以外の合併症のため治療が行えないようなハイリスクの患者さんでも行えるようになりました。

03早期の社会復帰が可能

術後、早期にリハビリを行いますのでおよそ1週間程度の入院期間で治療が完了します。
※患者さんの病状や体調などにより入院期間が延びる場合があります。

MitraClip(マイトラクリップ)の対象となる方

MitraClipは外科的弁置換術・形成術の危険性が高い、もしくは向いていないと判断された場合に適応対象となります。

具体的には、非常に高齢である、心臓手術の既往がある、心臓の動きが悪い、悪性腫瘍の合併がある、免疫不全の状態である、脆弱である、左心室そのものの障害で逆流の生じる機能性僧帽弁閉鎖不全症などが挙げられます。

またこれらに加え、前述のようにクリップで僧帽弁を閉じるという性質上、僧帽弁の形態によりMitraClipの治療自体が困難な患者さんもいらっしゃいます。
最終的には全身状態の評価とともに、心臓超音波画像等で僧帽弁の評価を行い、循環器内科医、心臓血管外科医、麻酔科医などの多職種からなるハートチームで議論し、MitraClipの適応と治療方針について決定します。

三井記念病院のMitraClip(マイトラクリップ)の特長

01ハートチームを結成し治療を行います

マイトラクリップを行うには、ハートチームの存在が不可欠です。当院は、高度なカテーテル治療の技術を持つ循環器内科医と心臓血管外科医をコアに麻酔科医、心臓画像診断専門医やME(臨床工学技士)、看護師、放射線技師、その他コメディカル、事務職員など、総合病院であることを活かし、様々な職種の専門家からなるハートチームを結成し、患者さんの治療にあたっています。

02総合病院として心臓疾患以外の疾患も専門スタッフがあたります

患者さんの中には 「心臓疾患の他に人工透析をしている」、「心臓疾患と糖尿病の併存症がある」など、複数の病気をお持ちの方がおり、治療にあたってはその病気にも注意を要する場合があります。また、特定の専門病院の場合は術後、別の病院に移り他の治療を受けに行かなければならず、患者さんに負担がかかる恐れがあります。当院は33の診療科それぞれに専門スタッフが おりますので、院内で連携を取りながら病気を総合的に治療することができます。
術後は十分なリハビリ実施を計画し、患者さんがご自宅に帰られて日常生活にスムーズに戻ることができるよう支援し、退院して頂くようにしています。

  • 診療科を超えた意見交換 診療科を超えた
    意見交換
  • 知識・知見の共有 知識・知見の共有
  • 診療科間連携 診療科間連携
  • 最適な治療法の探求 最適な治療法の探求
  • 職種間コラボレーション 職種間
    コラボレーション
  • 創造的なアイデアと技術 創造的なアイデアと
    技術

担当医師の紹介

当院では2018年12月より僧帽弁閉鎖不全症に対するマイトラクリップを用いた加療を開始しました。
医師・看護師・臨床検査技師・放射線技師・薬剤師・栄養士・心臓リハビリテーション指導士等の三井記念病院全体の力を合わせて、僧帽弁逆流をただ単に減らすだけではなく心不全の再発予防に重点を置いて、治療に取り組んで行きます。宜しくお願い致します。

心疾患集中治療室(CICU) 部長
循環器内科 科長
青木 二郎

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本超音波医学会超音波専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会専門医
  • 日本高血圧学会高血圧専門医
  • 日本脈管学会脈管専門医
  • SHD心エコー図認証医
  • 植え込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療研修習得医
  • Fellow of the European Society of Cardiology (FESC)
  • Fellow of the American College of Cardiology (FACC)
  • Fellow of the American Heart Association (FAHA)

循環器内科 医長
田中 旬

  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本超音波医学会超音波専門医
  • SHD心エコー図認証医

2003年より国立循環器病センターで循環器疾患を学び、2011年から約2年間アメリカに留学致しました。
2018年から三井記念病院に着任し、経胸壁・経食道心エコーを用いた弁膜症評価、ACP(アドバンス・ケア・プランニング)を考慮した心不全管理に力を入れております。マイトラクリップでは、術前評価、経食道心エコーによる術中ガイド、術後管理をしております。
高齢者専門病院に勤務していた経験も活かした診療を心掛けておりますので、ご相談頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

2015年より3年半の間、スイスのベルン大学で主に弁膜症のカテーテル治療を学んでまいりました。
その間にマイトラクリップを約250件、さらにTAVIを約1,100件、左心耳閉鎖術を300件ほど経験し、現在は主にカテーテル弁膜症治療(TAVIとマイトラクリップ)を担当しております。
これまでの経験を活かし、弁膜症で治療が難しいとされてきた患者さんのお力になりたいと考えております。
弁膜症の治療でお悩みの患者さんがいらっしゃいましたら、お気軽に当院にお問い合わせください。

循環器内科
阿佐美 匡彦

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • Fellow of the European Society of Cardiology (FESC)