グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 総合健診センター > センター紹介

センター紹介


理念・基本方針

理念

三井記念病院総合健診センターは受診者の健康を大切にし、受診者とともに生きる健診を行ない、信頼される健診施設として進化するとともに社会に貢献します

基本方針

  1. 私達は、健康の主体は受診者であることを認識し、受診者本位の健診を行ないます
  2. 私達は、受診者に誠実・公正に対応し、良きパートナーシップを築きます
  3. 私達は、病気の早期発見を目指します
  4. 私達は、生活習慣病の予防および健康の維持増進を目指します
  5. 私達は、安心・安全で信頼される健診を行ないます
  6. 私達は、医学的根拠に基づく検査を行ない、精度の高い健診を行ないます
  7. 私達は、臨床研究を通じて医学の発展に寄与します
  8. 私達は、法令および三井記念病院の理念・規則等を遵守し、明るく健全な組織運営に努めます

当センターの役割・特徴

役割

三井記念病院総合健診センターの役割は、皆さまの主体的な健康管理を支援することです。

特徴

精度の高い健診

人間ドックの目的は、がんやその他の病気の早期発見を目指すとともに生活習慣を改善し、心疾患や脳血管疾患を起こす危険因子を減らすことにより、健康な生活を維持・増進することです。
今後は、危険因子が発生する前の「予知・予防」の重要性が増してくると思います。
問診や家族歴から病気を発症する可能性が高いと思われる場合は、定期的な健診あるいは早めの対策が大切です。
三井記念病院総合健診センターは、日本病院会・日本人間ドック学会から「人間ドック健診施設機能評価」の認定を受け、優良人間ドック・健診施設の指定を受けています。
また、健康保険組合連合会の指定施設にもなっています。
当センターでは基本検査項目の他に、他施設では実施していない検査項目を加えて精度の高い健診を行なっています。
当センターは併設の三井記念病院と連携して、熟練した検査技師による検査、専門医による画像読影・診断を行ない、信頼度の高い人間ドックを目指しています。
健診後の丁寧なフォローアップ

人間ドックではドック当日に医師による受診者との面接指導を行なっています。
しかしながら一度の説明では、わかりにくい内容もありますので、人間ドックの結果が手元に届いた後で再度、面接を行なうことが可能です(予約制)。
健診後も健康に関する疑問に対して、人間ドックの専門医や保健指導の研修を受けた看護師が対応します。
また、生活習慣の改善により、検査結果の改善状況を確認する再検査も行なっています。
これらにより、私達は皆さまの主体的な健康管理を支援してまいります。
皆さまとの信頼関係

個人の健康は、ご本人だけでなくご家族にとっても大切な財産です。
人間ドックでは、あらゆる病気を発見できるわけではありません。
全ての検査には限界があるため、新たに症状が発生したり、体調の変化があった場合は、速やかに医療機関を受診していただくようお願いしています。
皆さまが自らの生活習慣を見直されたり、健康状態を確認する機会として人間ドックをご利用いただきたいと思っています。
当センターでは、人間ドックで受けるべき基本的な検査を中心にした人間ドックコースと多様なオプションをご用意しています。
私達は、健康のためのかかりつけ医のような立場であると考えています。
医師をはじめ多くの医療スタッフが、皆さまの健康生活を支え、信頼されるパートナーとなるよう努力してまいります。