グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




救急部



概要特色

断らない救急医療

三井記念病院は地域に密着し地域連携を推進する総合病院として、「患者とともに生きる」を理念に二次救急医療機関の機能を果たすべく、断らない救急医療を展開しています。

東京都CCUネットワークと急性大動脈スーパーネットワーク

東京都CCUネットワーク加盟施設として、循環器の急性期治療を必要とする患者さんの受け入れを随時行っています。さらに急性大動脈疾患の入院・手術を優先的に受入する急性大動脈スーパーネットワークの加盟施設でもあります。急性心筋梗塞に対する迅速な診断と冠動脈インターベンションのみならず、大動脈解離・緊急CABGなど外科手術を必要とする疾患にも随時対応しており、手術件数も増加の一途を辿っています。

「顔と顔が見える」連携先や救急救命士、地域の方々とのコミュニケーション

地域の消防署との連携を強化し、救急救命士再教育受入れや、当院職員の救急車同乗実習を通じて、二次救急病院ならではの「顔と顔が見える」関係を深める事を目指しています。医療連携や地域住民の方々ともコミュニケーションを深めるべく、地域医療部とともにいろいろな試みに努力しています。

危機管理

東日本大震災を教訓に危機管理体制を見直し、千代田区で2つ目の災害拠点病院の指定を受けました。千代田区や消防署、医師会や地域住民の方々との防災訓練も毎年実施し、災害拠点病院として重症患者受け入れのための体制の整備など常に怠りません。

担当医師

部長,副院長,内科部長

原 和弘(はら かずひろ)

学会認定
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
専門分野
冠動脈および末梢動脈インターベンション、デバイス治療

医員

浅田 敏文(あさだ としふみ)
学会認定
日本救急医学会認定救急科専門医
日本集中治療医学会認定集中治療専門医

実績(2013年度~2016年度)

日勤帯救急車受入状況

2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
救急車数 1,457例 1,471例 1,350例 1,328例
うち入院 714例 754例 716例 687例

休日・夜間診療実績

2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
取扱患者数 5,034例 4,523例 4,164例 4,051例
救急車数 1,887例 1,641例 1,462例 1,398例
総入院者数 1,650例 1,666例 1,475例 1,420例