グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 最新情報 > 「第31回公開臨床病理検討会(CPC)」 9/6(水)開催

「第31回公開臨床病理検討会(CPC)」 9/6(水)開催


2017年8月吉日
社会福祉法人三井記念病院
病理診断科/部長 森 正也

拝啓 時下ますますご清祥の段 お慶び申し上げます。
下記の通り、第31回公開臨床病理検討会を開催致します。皆様のご参加お待ち申し上げます。
敬具
日時 平成29年9月6日(水)19:00~20:00
場所 三井記念病院 外来棟7階 講堂
内容 検討症例 60代 男性
臨床診断 クリプトコッカス髄膜炎、肝細胞癌
既往歴 20歳頃 結核性股関節炎、30歳 睾丸腫瘍、高血圧症、糖尿病
臨床経過 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)による肝硬変(Child-Pugh C)、肝細胞癌、糖尿病合併の男性。肝細胞癌は消化器内科で
動脈塞栓療法、ラジオ波治療後、follow up中であった。
2016年12月、頭痛、発熱があり、近医で抗生剤を投与されていた。症状改善なく食事摂取不良となり当院入院。
β-Dグルカン陽性が判明し、腰椎穿刺を施行。髄液培養の結果クリプトコッカスが検出された。その後アムホテリシンBによる
治療を開始。髄膜炎は徐々に改善した。1月中旬の髄液検査で、クリプトコッカス抗原定量は陰性。
2017年1月末、誤嚥性肺炎、末梢ラインからの感染が生じた。血液培養から表皮ブドウ球菌が検出。抗生剤投与で感染症状は軽快。
しかしその後、下血、貧血、血小板減少、腎機能障害等により全身状態は不良であった。
2017年2月初旬、突然胸痛が出現。shock vitalとなった。心電図上、II,III, V3-6にST低下あり、急性心筋梗塞が疑われた。
胸痛発症の翌日死亡。
臨床上の問題点・検索希望事項
  1. 急性心筋梗塞の有無
  2. クリプトコッカス髄膜炎の状態
  3. 肝硬変、肝細胞癌の状態
  4. 腎障害の原因
申込方法 平成29年9月5日(火)までに、地域連携室へE-mallまたは、お電話でご連絡いただけますようお願い申し上げます。

お申込み・お問い合わせ

社会福祉法人三井記念病院 地域医療部 地域連携室

受付時間:月曜日~金曜日 8:30~17:00(土曜日:12:30)
〒101-8643 東京都千代田区神田和泉町1番地
電話:03-3864-7900
FAX:03-3864-7901
E-mail:chkiryo@mitsuihosp.or.jp

地図・交通のご案内

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。