グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 最新情報 > 世界最小の補助循環装置(インペラ)による治療を開始しました。

世界最小の補助循環装置(インペラ)による治療を開始しました。


当院は2017年10月より、最新医療となる世界最小の補助循環用ポンプカテーテル「インペラ」を導入しました。
これは、急性心筋梗塞などによって心臓のポンプの力が大幅に失われ、著しく血圧が下がった場合に、心臓のポンプ機能をサポートする装置です。
短時間で挿入することかが可能で、緊急を要する場合の補助循環として大きな効果が期待されます。

すでにアメリカやヨーロッパでは広く普及しており、日本でも導入が始まりました。
現在19施設(2017年10月30日現在)がインペラ実施施設として認定されており、
三井記念病院は認定施設の中でもいち早く10月末から運用を開始しました。

【補助循環用ポンプカテーテル(インペラ)】

【インペラ制御装置(写真右)の設置風景】

【院内勉強会の様子】

【当院でのインペラ第1例目(CICUにて)】

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。