グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 最新情報 > 診療情報管理部 佐藤賢太が、第20回日本クリニカルパス学会学術集会にて優秀賞を受賞しました。

診療情報管理部 佐藤賢太が、第20回日本クリニカルパス学会学術集会にて優秀賞を受賞しました。


2020年1月17日・18日に第20回日本クリニカルパス学会学術集会が熊本城ホールにて開催され、当院診療情報管理部 佐藤賢太の演題「患者状態に合わせて追加治療に対応可能なERCPパスの改定後評価」が、優秀賞に選ばれました。
この発表は、胆管結石や胆管炎の治療法であるERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影 )パスの改定のプロセスをまとめ、改定前後の在院日数、検査等が適正化したかを検証したものです。

クリニカルパスとは

ある病気に対する、検査・処置・食事・服薬など患者さんが受ける治療や看護ケアなどの
標準的なスケジュールをまとめた計画書のことです。
クリニカルパスには、医療者用と患者さん用があります。

患者さん用のクリニカルパスについてはこちらをご覧ください。
【患者さん用クリニカルパスページ】