グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門紹介 > 中央診療 > 高度治療室(HCU)

高度治療室(HCU)



高度治療室(HCU:High Care Unit)について

高度治療室は2009年に開設されたオープンタイプの病棟です。
ドアなしの個室とドアつきの個室からなり、このうち感染症用に前室がある個室を用意しております。消化器外科、整形外科術後患者さん、集中治療室(ICU)退室後の心臓血管外科や呼吸器外科手術後などの患者さん、循環器疾患以外の緊急入院が必要な重症患者さん、集中治療が必要になった一般病棟に入院中の患者さん等が入室の対象となり、状態が不安定の期間在室し回復すれば速やかに一般病棟へ転床となります。
看護師は2交代勤務で、全スタッフがAHA-ACLSやBLS(アメリカ循環器学会の救命処置コース)またはICLS(日本救急医学会 蘇生コース)を受講しており、また感染管理認定看護師1名、学会認定臨床輸血看護師1名、医療環境管理士1名、3学会合同呼吸療法認定士8名が在籍し、感染管理、口腔ケア、褥瘡管理、人工呼吸管理、栄養管理等で主治医グループと協力し安全で合併症の少ない治療に努めております。

HCUチーム

HCU病床

ご面会について

  1. ご面会時間
    1日2回、7:30~8:30と15:00~20:00です。
  2. ご面会時の主な注意事項
  • 8階エレベータホールのHCU病棟入口のインターホンにてご連絡ください。
  • 一度に多数の方の入室は出来ません。交代でのご面会をお願いする場合があります。
  • 感染予防のため、入室時は手指消毒をお願い致します。また、感染症におかかりの方のご面会はご遠慮下さい。
  • お花・食品等のお見舞いはご遠慮下さい。
  • 患者さんの安静のため、12歳以下のお子様のご面会はご遠慮下さい。
    その他詳細については、入院棟8階HCUまでお尋ね下さい。
ご面会の皆さまへ~ご面会時の感染予防対策として~

担当部長

部長,心臓血管外科科長

三浦 純男(みうら すみお)

福田 幸人

学会認定
心臓血管外科専門医
外科専門医
胸部ステントグラフト実施医・指導医
腹部ステントグラフト実施医・指導医
経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)実施医
専門分野
         大血管・末梢血管血管内治療(ステントグラフト)
         経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)
         透析アクセス手術

実績

総入室者数(人)

2011年度 2010年度 2009年度
1,065 1,144 890

緊急入室者数(人)

2011年度 2010年度 2009年度
外来より 459 573 360
他病棟より 61 76 61
手術室より 0 0 7

予定入室者数(人)

2011年度 2010年度 2009年度
ICUから 345 319 273
CICU等から 29 31 36
定時手術後 119 146 161

診療科別入室者数(人)

2011年度 2010年度 2009年度
心臓血管外科 239 230 218
呼吸器外科 153 140 128
総合内科 302 363 247
循環器内科 44 98 137
呼吸器内科 34 43 22
消化器内科 181 139 49