グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門紹介 > 診療科・診療センター > 脳神経外科 > 脳神経血管内治療のご紹介

脳神経血管内治療のご紹介


脳神経血管内治療とは

脳神経血管内治療とは、「カテーテル」を用いて脳や頚部などの病気を治療することで、ペン先ほどの細い管(=カテーテル)を血管の中に入れることで行われる治療です。これにより“頭を切らずに”頭頚部の病気が治療可能となりました。近年新しく登場した治療法であり、治療器具やテクニックの進歩がめざましい分野でもあります。国内の治療件数も年々増加しており当院でもこの脳神経血管内治療に積極的に取り組んでおります。

当院で治療を行っている主な疾患


未破裂脳動脈瘤

脳動脈瘤(りゅう)とは脳の血管にできた“こぶ”のようなふくらみのことです。頭痛・耳鳴り・めまい・外傷・脳ドッグなどの検査で偶然に発見されることが多く、これを「未破裂脳動脈瘤」と言います。普段は特に症状がないことが多いですが、“こぶ”が破裂すると「くも膜下出血」を起こし、命に関わる重大な病気を引き起こします。すべての未破裂脳動脈瘤が破裂するわけではありません。動脈瘤の場所、大きさ、形状、くも膜下出血の家族歴や既往歴、生活習慣などから破裂の危険性をある程度予測し、破裂の危険性が高いと判断すれば治療をお勧めしています。

具体的な治療は、下の写真のように主に金属でできたコイルで脳動脈瘤を詰めることで行います。治療前にあった動脈の“こぶ”が治療後には消えてしまっているのが分かります。患者さんの動脈瘤に合わせて、ステントやバルーンといった治療器具を併用することもあります。

頚動脈狭窄症

動脈硬化が進行すると、首の血管(頚動脈)の内側にプラークと呼ばれる“ごみ”が溜まるようになり、首の血管が細くなります。これを頚動脈狭窄症と言います。このプラークが血管から剥がれて、頭の中の血管を閉塞したり、また狭窄が進行した場合には脳への血流が低下して脳梗塞を起こします。脳梗塞を起こすと手足が動かない、しゃべりにくい、顔がゆがむ等の症状が出現します。そこで、脳梗塞予防の目的で脳神経血管内治療を行います。

細くなった首の血管に「ステント」と呼ばれる金属の網目状の筒を留置することで、血管を拡張させプラークが剥がれて飛んでいくことを防ぎ、脳梗塞を予防することができます。

脳動静脈奇形

脳動静脈奇形は血管の先天的な異常で、脳出血やくも膜下出血、てんかん、頭痛などの原因となります。ナイダスと呼ばれる異常な血管のかたまりと、それに血液を流す動脈・血液が流れ出る静脈を認めます。無症状の場合は経過観察をすることもありますが、脳出血などの症状を呈した場合には治療が必要となります。一般的には脳神経血管内治療、開頭手術、放射線治療の組み合わせで治療を行いますが、血管内治療のみで治療できることもあります。

写真では動静脈奇形を特殊な液体物質を注入することにより治療を行い、治療後には出血の原因となった異常な血管のかたまりが映し出されなくなりました。

硬膜動静脈瘻

脳の外側にある硬い膜(=硬膜)の中にも血管が走っています。血液は心臓から拍出された後に動脈→毛細血管→静脈と流れて心臓に戻ってきます。しかし、何かの拍子に動脈と静脈が毛細血管を介さずに繋がってしまうことがあり、これを動静脈瘻(ろう)と呼びます。硬膜の血管で起こってしまった状態を硬膜動静脈瘻と言い、動静脈瘻の位置によってさまざまな症状を起こします。無症状の場合には経過観察とすることもありますが、脳表の静脈へ逆流が認められる場合には脳出血を起こすリスクが高くなりますので、治療を行うことをお勧めしています。

写真は海綿静脈洞部の硬膜動静脈瘻で脳表の静脈へ逆流していました。カテーテルを用いて血管内から病変部を塞栓することで治療を行い、治療後の画像では硬膜動静脈瘻が映し出されなくなりました。

脳腫瘍に対する腫瘍栄養血管塞栓術

脳腫瘍に対する治療は、外科的切除、化学療法、放射線治療などが基本となります。腫瘍の種類によっては血流が豊富なタイプのものがあり、手術の際に多量の出血を起こすことも稀ではありません。そこで事前にカテーテル治療によって腫瘍に入り込む血流を遮断することで手術の際の出血を抑え、また腫瘍が壊死することによって摘出しやすくします。必要に応じて血管内治療を併用することで、開頭手術をより安全に行うことができます。

緊急で治療を行う疾患 ①脳梗塞に対する脳神経血管内治療

脳梗塞は、脳の血管の一部が詰まり脳への血流が遮断されてしまうことで起こります。血流の無くなった脳組織は、酸素や栄養が届かなくなり壊死を起こします。その結果手足が動かない(=麻痺)、呂律が回らない、顔がゆがむなどの様々な症状を呈します。脳梗塞に対する血管内治療として、急性期血行再建術というものがあります。発症からの経過時間など一定の条件下で脳の血管に詰まってしまった血栓を回収し取り除くことで、脳への血流を再開させようというものです。

緊急で治療を行う疾患 ②くも膜下出血に対する脳神経血管内治療

くも膜下出血とは、「くも膜」という脳の表面を覆う膜の「下」に出血が起こっている状態のことを言います。命に関わる重大な疾患であり、何らかの後遺症が残ることも多く、突然死の原因ともなります。くも膜下出血の原因の多くが動脈瘤の破裂によるもので、破裂した動脈瘤を放置しておくと再度破裂する危険性が非常に高いため、治療を行う必要があります。この「破裂動脈瘤」に対しても未破裂脳動脈瘤と同様に、コイル塞栓という脳神経血管内治療を行うことができます。くも膜下出血を起こしてしまった場合には動脈瘤の再破裂以外にも様々な合併症が起こることがあり、治療後もしばらくは集中治療室での全身管理が必要となります。