グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門紹介 > 診療科・診療センター > 歯科・歯科口腔外科

歯科・歯科口腔外科


診療に関するお知らせ
最近、転んで顔面を強打し、前歯が抜けたり、逆に、歯茎の中にめり込んで救急搬送される患者さんが多い印象を持っております。梅雨に入り足下が悪い状況が続きます。ご注意ください。もし、そのような状況になられた際には、いつでも対応いたしますので当科までご連絡ください。

当科を初めて受診していただきます患者さんには、月曜日から金曜日まで新患当番医が担当しております。紹介状をお持ちの患者さんは、初診日にご持参いただきますようお願い申し上げます。
なお、紹介状をお持ちいただけない場合には、保険外併用療養費の特別料金として5,000円(税別)をご負担いただきますことをご了承ください。

親知らずなどの抜歯希望の方で、初診時に抜歯を希望される患者さんは新患予約を取る際に必ずお申し出ください。可能な限り対応しますが、患者さんの全身状態、抜歯の難易度などで、追加の検査が必要と判断された場合には、後日、抜歯になることをご了解ください。
なお、7月22日月曜日は、すでに25名の患者さんの抜歯が予定されております。抜歯器具の準備ができないため、同日の初診時抜歯はお受けできません。

7月、8月は、毎年たくさんの顎変形症手術を行っております。本年度は手術を希望される患者さんが多く、7月以降8月第2週まで満杯で手術をお受けできない状況です。8月第3週以降は、まだ、若干の空きがありますので、お早目のご連絡をお待ちしております。
なお、顎変形症手術を希望される患者さんは手術日の4週間前までに、新患の予約をお取りください。入院までに術前検査に1回、自己血貯血に2回来院していただきます。入院期間は約10日間になります。
手術の際に、麻酔科医師にブロック麻酔を行っていただいております。その効果により、術後の痛みが以前に比べて格段に緩和されておりますのでご心配なく手術に臨んでください。

口腔がんの疑いのある患者さんは、早急に対応しますので、新患電話予約を取る際にお申し出ください。最優先で検査、手術を行います。

今後とも三井記念病院歯科・歯科口腔外科を宜しくお願い申し上げます。

2019年7月1日
三井記念病院歯科・歯科口腔外科

概要特色

  • 口腔癌は耳鼻咽喉科と共に治療を行います。
  • デンタルインプラントは約20年の実績をもとに治療を行っています。
  • 顎変形症手術の入院期間は約10日間です。

主な対象疾患

  • 顎変形症
  • 舌癌などの口腔がん
  • 顎骨にできる腫瘍、嚢胞
  • 親知らずの抜歯

部長

津山 泰彦(つやま やすひこ)

津山 泰彦

学会認定
日本口腔外科学会専門医
日本先進インプラント医療学会専門医

専門分野
口腔癌の外科的治療、顎変形症、デンタルインプラント (AQBインプラント公認インストラクター)

医員

二本木 真由子(にほんぎ まゆこ)
学会認定
日本口腔外科学会認定医
菅家 康介(かんけ こうすけ)
学会認定
日本口腔外科学会認定医

非常勤医師

長谷川 義道(はせがわ よしみち)
専門分野
顎変形症、顔面外傷、口腔癌、デジタルインプラント
杉本 由佳(すぎもと ゆか)
川合 宏樹(かわい ひろき)
湯澤 佳広(ゆざわ よしひろ)
滝沢 友里香(たきざわ ゆりか)

実績(2017年)

手術件数(入院) 370例
顎変形症 26例
腫瘍 52例
膿胞 99例
抜歯 164例
外傷 5例
造骨 3例
炎症 9例
その他 12例

外来診療表

当科の外来診療表はこちらからご覧いただけます。
外来診療表はこちら