グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




総合内科



概要特色

内科診療の細分化・専門家により個々の疾患に対する診断・治療は飛躍的な進歩を遂げています。そのため、寿命は延び、一人の患者さんが複数の疾患・病態を有することも多くなり、全身としての疾患管理はますます複雑化しつつあります。
当科では、内科系疾患で症状あるいは検査異常があるものの適切な診断がついていない患者さんに対応しております。最もふさわしい内科系あるいは内科以外の専門科との密接な連携を取りながら、一人ひとりの患者さんに適した内科診療をすすめていきます。

担当医師

部長(総合内科,臨床検査科)

中島 啓喜(なかじま ひろよし)

中島 啓喜

学会認定
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本超音波医学会超音波専門医

専門分野
総合内科全般、循環器病全般

科長

峯村 信嘉(みねむら のぶよし)

学会認定
日本内科学会認定総合内科専門医
日本老年医学会認定老年病専門医
日本リウマチ学会認定リウマチ専門医

専門分野
総合内科全般、総合内科感染症全般、膠原病全般

医師

相原 英聴(あいはら ひであき)
増田 卓也(ますだ たくや)

実績(2017年度)

外来新患数 2,015例
再来患者数 8,534例

外来診療表

当科の外来診療表はこちらからご覧いただけます。
外来診療表はこちら