グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門紹介 > 診療科・診療センター > 腎臓内科・血液浄化部

腎臓内科・血液浄化部



主な対象疾患

  • (本態性・二次性)高血圧
  • (慢性・急性)腎不全、腎炎、ネフローゼ症候群
  • その他の各種腎疾患、電解質異常
  • 末期腎不全・透析療法(血液透析・腹膜透析)
  • 透析療法の合併症(バスキュラーアクセス・トラブル、心疾患など)

特色

  • 尿所見異常に対する腎生検を含む適切な診断サービスを提供します。
  • 重症高血圧に対する適切な診断と治療を速やかに行います。
  • 血圧の安定後はクリニックへご紹介をしています。
  • 保存期慢性腎臓病の、かかりつけ医との併診もおこなっています。
  • 入院が必要な透析症例の受け入れを行っています。透析室の都合で入院が遅れることはありません。
  • 循環器や消化器、整形外科などの重度合併症を有する方の透析を多く手がけています。

血液浄化部

血液透析

透析導入、重症患者さんの入院透析、腹膜透析併用の方の外来透析等を行っています。三井記念病院で血液透析を開始されて、今後透析を継続する必要のある方(維持透析を受けられる方)には、ご自宅や職場の近くの透析施設(透析クリニックや病院)をご紹介しています。合併症の管理、送迎など病状に応じた特別なケアが必要な方には、そのケアが可能な施設をご紹介しています。

腹膜透析(CAPD)

高齢の腎不全で通院が困難な方や、ライフスタイルから腹膜透析を好まれる方が腹膜透析を選択されています。
日曜日以外(8時30分~17時00分)は専門医か看護師が常駐しています。日曜と夜間の緊急時にはCAPD専任看護が電話で対応します。介護度の高い方の通院や在宅ケアは、訪問看護ステーションと連携をしています。

部長(腎臓内科,血液浄化部)

三瀬 直文(みせ なおぶみ)

三瀬 直文

 


学会認定
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓指導医・専門医
日本透析医学会透析指導医・専門医
日本医師会認定産業医

専門分野
高血圧・腎疾患の診断・治療、急性および慢性腎不全、透析療法、腎不全に合併する心疾患の診断・治療

科長

古瀬 智(ふるせ さとし)

古瀬 智

学会認定
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医
日本内科学会総合内科専門医

専門分野
腎臓内科一般

実績

2017年実績

入院透析 630例
腎生検 34例
透析導入 61例
 うち腹膜透析導入 5例

外来診療表

当科の外来診療表はこちらからご覧いただけます。
外来診療表はこちら