グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




神経内科



概要特色

  • 専門スタッフは少数ですが、神経疾患の救急医療に十分対応できる体制ができています。
  • 新患は原則予約制ですが、急患は病状に応じて随時対応しています。
  • MRI、SPECT、脳波・筋電図・神経伝導速度、超音波など、神経疾患の診断機器はすべてそろっています。
  • 高次脳機能障害に関しては、認知症、失語症の評価・診断など他院からの依頼を多く受けています。

主な対象疾患

  • 脳血管障害(脳梗塞、脳出血)
  • パーキンソン病、アルツハイマー病などの変性疾患
  • てんかん
  • 頚椎・腰椎疾患
  • ギラン・バレー症候群,慢性炎症性脱髄性多発根神経炎などの末梢神経障害
  • 筋疾患(筋ジストロフィー、重症筋無力症など)
  • 高次脳機能障害(認知症、失語症、健忘症など)

名誉院長

萬年 徹(まんねん とおる)

萬年 徹

学会認定
日本神経学会神経内科専門医

専門分野
神経内科疾患全般

部長

櫻井 靖久(さくらい やすひさ)

櫻井 靖久

  
   

学会認定
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本神経学会神経内科専門医・指導医
日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医
日本脳卒中学会脳卒中専門医
日本認知症学会専門医・指導医


専門分野
高次脳機能障害、神経内科疾患全般

科長

松本 英之(まつもと ひでゆき)

学会認定
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本神経学会神経内科専門医・指導医


専門分野
てんかん、パーキンソン病、筋電図、神経内科疾患全般

医長

内尾 直裕(うちお なおひろ)

学会認定
日本医師会認定産業医
日本内科学会認定内科医
日本神経学会神経内科専門医

専門分野
筋疾患、神経内科疾患全般

医員

宮野 涼至(みやの りょうじ)
専門分野
神経内科疾患全般

実績(2017年)

外来患者延べ数(再診患者延べ数 5,604例) 5,844例
初診患者数(初診料を算定した人数) 280例
入院患者数 235例
 応急入院患者 197例
脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳血管障害 114例
脳出血・くも膜下出血、脳動脈瘤 18例
意識障害、意識消失発作 2例
痙攣、てんかん発作 13例
慢性炎症性脱髄性多発神経炎、ギランバレー症候群 9例
多発性硬化症、視神経脊髄炎 7例
重症筋無力症 8例
脳炎・髄膜炎 5例
めまい発作 5例
パーキンソン病関連疾患 3例
筋萎縮性側索硬化症 2例
正常圧水頭症 2例
多系統萎縮症・脊髄小脳変性症 2例
神経内科入院患者の主な疾患・症候の内訳。
同じ患者が複数回入院している場合は、延べ人数。

外来診療表

当科の外来診療表はこちらからご覧いただけます。
外来診療表はこちら