グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




消化器外科



概要特色

  • 当科では『患者さんに最良の医療を提供する』ことをモットーに日々努力し、消化器外科領域の高難度手術や、腹腔鏡・胸腔鏡を用いた手術も安全におこない、診療には経験豊かな専門医が責任をもってあたっています。
  • 悪性疾患(がん)に対する手術治療は、ガイドラインで推奨されている標準治療を遵守しつつ、患者さんの病状・全身状態に応じて拡大手術、機能温存をめざした縮小手術、そして身体への負担がより少ないとされている腹腔鏡・胸腔鏡・ロボット手術を用いた手術など、個々に対応しています。がんに対しては、手術のみならず抗がん剤治療や放射線治療を組み合わせて、より効果的な治療を提供しています。例えば、食道癌、胃癌、大腸癌、大腸癌肝転移などでは、手術の前に抗がん剤を用いる治療(術前化学療法)を行うことで手術成績を上げる試みや、術後に再発を予防する目的で行う抗がん剤治療(術後補助化学療法)もおこなっています。
  • 近年、心臓が悪い患者さん、糖尿病を持っている患者さん、腎機能が悪く透析を行っている患者さん、ご高齢の患者さんなど、もともと併存症があったり、手術を受けるにあたり通常の患者さんよりもリスクが高い患者さんが増えております。当科では、こうした患者さんが安心して治療を受けられるよう、消化器内科をはじめとした各診療科・臨床腫瘍科(腫瘍内科)・放射線治療科・緩和ケア科・精神科・薬剤部・栄養部・看護部・事務部といった多職種からなるカンファランス(キャンサーボード)を開催し、病院一丸となって治療方針を考える取り組みをしています。
  • 術後の経過中にがんが再発したり、手術だけでは病巣を完全に切除できないような場合は、消化器内科・臨床腫瘍科(腫瘍内科)・放射線治療科・緩和ケア科等と協力して、抗がん剤治療、放射線治療、緩和治療などの治療をおこない、在宅医療機関との連携もおこなっています。このように、いわゆる“がん難民”を作らないように積極的に取り組んでいます。
  • 胃や大腸のポリープや早期癌の治療では、消化器内科と連携して、粘膜切除術(EMR)・粘膜下層切開剥離術(ESD)などの内視鏡治療を選択することも可能です。他にも、あらゆる消化器疾患の診断・治療において、消化器内科と密接に連携をおこなっています。
  • 消化器外科の特設サイトがオープンしました。当科の取組みや院長のインタビューを紹介しています。画像をクリックしてご覧ください。

外来受診の注意事項

鼠径ヘルニア、虫垂炎、胆のう炎などは一般外科外来で診察を行っています。

主な対象疾患

悪性疾患

2011年4月より、当院は東京都認定がん診療病院に指定され、消化器外科はその中心となるべくがんの診断・治療に力を入れています。
  • 食道がん…術後呼吸器合併症の少ない縦隔鏡を用いた手術を導入しました。
  • 胃がん…2018年度は43%の患者さんが腹腔鏡手術を行っています。
  • 大腸がん…内視鏡手術を直腸がんに対しても積極的に行っており、2018年度は全体の手術の53%を内視鏡手術で行っています。
  • 肝臓がん…消化器内科で行っているラジオ波治療と消化器外科の手術の両面から適切な治療を選択しています。
  • 胆管がん、胆のうがん、膵臓がん…消化器外科領域のなかでも術後合併症率や手術関連死亡率が高いことが知られている疾患です。
例えば、膵頭部の腫瘍に対して行う膵頭十二指腸切除術は、消化器外科手術のなかでも高難度手術に位置付けられています。当科では、2013年より膵臓がん・胆管がん手術に対して新しい周術期管理法を導入し良好な成績をおさめています。 

良性疾患

胆石症、胆のうポリープなど良性消化器疾患の診療もおこなっています。
また消化器疾患ではありませんが、鼠径ヘルニアの診療も一般外科診療として数多くおこなっています。

救急疾患

虫垂炎、消化管(胃・十二指腸・小腸・大腸)穿孔、腸閉塞(イレウス)、急性胆のう炎、をはじめとして、消化器領域の救急疾患に対して消化器内科と連携して治療にあたっています。また一般的な外傷にも対応しています。

ロボット支援下 胃・直腸手術

ロボット支援下手術は、今までの内視鏡下手術(腹腔鏡手術)の利点をさらに向上させうる、次世代の医療改革の一端を担った分野です。
通常の腹腔鏡手術では医師が直接鉗子を操作して行いますが、〝ロボット支援"と言われているように鉗子の操作はロボットアームにより行われます。そのロボットアームを動かすのはあくまでも執刀医で、執刀医は「サージョンコンソール」という機械に座り、術野の3D画像を見ながら、4本のロボットアームを遠隔操作します(図1) 。通常の腹腔鏡手術ではポートに入れた鉗子の先が開閉するだけですが、「ロボット支援下手術」では鉗子の先が人間の手首と同じように自在に曲がるので、可動域が広くなり、鉗子には人間のような関節があり、腹腔鏡下手術では不可能だった「手」の様な動きが再現できます(図2)。また、通常の腹腔鏡手術の画像は2次元が主流ですが、「ロボット支援下手術」では、いわゆる3Dで奥行の確認ができます。このロボットを熟練した外科医が操ることで、より安全かつ侵襲の少ない手術が可能となりました。

図1

図2

胃手術

胃がんの手術方法には「開腹手術」「腹腔鏡手術」「ロボット支援下手術」の3つがあります。ロボット支援下手術は、従来の腹腔鏡手術に比べ、より繊細で正確な手術を行うことができると考えられています。腹腔鏡手術ではお腹に開けた小さい穴から手術器具を入れて手術を行いますが、手術器具はまっすぐであるためお腹の中で曲げることができず膵臓へのダメージが危惧されていました。ロボット支援下手術ではロボットに人間の手の動きを模倣した関節が付いているので、上記図2のようにお腹の中でも手術器具を自由に曲げることができ、膵臓への圧迫を減らした手術を行うことが可能になりました。
そのため、術後の膵液漏(膵臓周囲のリンパ節郭清の影響で膵臓周囲から膵液が漏れること)などの合併症の頻度が少なくなります。
また、従来の腹腔鏡手術よりも出血量の減少も期待できます。手術の傷は腹腔鏡手術と同じ小さなキズで行うことができます。
[胃がん手術の傷イメージ] ※赤い部分が傷

開腹手術

ロボット支援下手術

直腸手術

大腸がんの中でも肛門に近い直腸にできたがん(直腸がん)は狭い骨盤内で隣接する他臓器を損傷せずにがんを摘出する必要があるため、繊細な手術操作が課題でした。その課題を克服する可能性のあるロボット支援下手術が保険適用になり、当院でも手術を行っています。
ロボット支援下手術は従来の開腹手術や腹腔鏡手術と比べ、より繊細で精密な手術が可能です。繊細な手術を行うことにより根治性、肛門・排尿・性機能などの機能温存の向上が期待できます。特に直腸に密接する骨盤神経叢(排尿や性機能を担っている神経)を繊細な操作で丁寧に温存することにより、術後の排尿・性機能の保持や早期の回復が期待でき、後遺症の少ない、体に優しい手術が可能です。また、従来の腹腔鏡手術よりも骨盤深部での手術操作が可能になるため、従来よりも肛門に近い腫瘍であっても肛門を温存できる可能性が高くなります。
[直腸がん手術の傷イメージ] ※赤い部分が傷

開腹手術

ロボット支援下手術

手術支援ロボット「ダヴィンチ Xi」について

当院の手術で用いる手術支援ロボットは「ダヴィンチXi」です。米国インテュイティブサージカル社が開発した手術用ロボットで、ダヴィンチXiは第4世代にあたる最新鋭機です。日本では2009年11月より薬事承認され、2012年に前立腺がんでの前立腺全摘除術、2016年に腎臓がんでの腎部分切除術に対しダヴィンチ手術の保険が適用となりました。以降、泌尿器科領域を筆頭に、婦人科、心臓外科、呼吸器外科、消化器外科(胃、大腸、食道、肝胆膵)領域において急速な広がりをみせ、各種の様々な臨床試験を経て、2018年4月1日より、更に12項目のロボット支援手術が保険適応となり、直腸癌に対するロボット支援手術も選出されました。
特に直腸手術においては前立腺手術と同じような骨盤内という非常に狭い空間での繊細な操作が要求されるため、前立腺手術と同様に良好な視野の展開、病変の切除および神経の温存に関して多大なメリットがあると考えられます。
【以下画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。】

担当医師

院長,外科部長

川崎 誠治(かわさき せいじ)



学会認定
日本外科学会外科専門医・指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本肝胆膵外科学会肝胆膵外科高度技能指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
日本消化器病学会消化器病専門医

専門分野
肝胆膵外科

部長(消化器外科,がん診療センター)

小林 隆(こばやし たかし)

小林 隆

学会認定
日本外科学会外科専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会肝胆膵外科高度技能指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医

専門分野
消化器外科、腫瘍外科(肝胆膵外科)

科長,緩和ケア科 科長

平田 泰(ひらた とおる)

平田 泰


学会認定
日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科認定医
日本消化器内視鏡学会専門医

専門分野
腹腔鏡手術、上部消化管内視鏡診断、一般消化器外科手術

科長

南村 圭亮(みなみむら けいすけ)

南村 圭亮

学会認定
日本外科学会外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医

専門分野
消化器外科、腫瘍外科、腹腔鏡手術、ロボット手術

科長

森 和彦(もり かずひこ)

森 和彦

 

学会認定
日本外科学会外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
日本食道学会食道外科専門医

専門分野
消化器外科、食道がん、食道良性疾患

医長

河野 義春(こうの よしはる)

学会認定
日本外科学会外科専門医

専門分野
肝胆膵外科

医員

田中 佑典(たなか ゆうすけ)

伊藤 良太(いとう りょうた)
久保 賢太郎(くぼ けんたろう)


実績(2018年)

手術件数

食道手術 18例
胃手術(うち腹腔鏡手術 35例)※ 51例
 全摘 11例
 幽門側胃切 33例
 噴門側胃切 3例
 他 4例
肝切除 26例
膵頭十二指腸切除 15例
膵体尾部切除 9例
肝門部および上部胆管癌 5例
胆囊摘出(うち腹腔鏡手術 75例) 101例
胆囊癌手術 2例
虫垂切除(うち腹腔鏡手術 37例) 47例
ヘルニア手術(うち腹腔鏡手術 33例) 112例
イレウス手術 15例
大腸手術(うち腹腔鏡手術 66例)※ 141例
※腹腔鏡手術のうち、ロボット支援下手術は胃手術 10例、直腸がん手術 14例(2019年4月までの実績)

外来診療表

当科の外来診療表はこちらからご覧いただけます。
外来診療表はこちら